胃カメラは健康の為に必要です。

胃カメラはタダで受ける事は出来ません。お金が必要ですが、それによって健康問題に不安増してしまう事は仕方がありません。胃は健康状態が良いか。カメラで調べられるのか、自分の体に潜入する事です。一生懸命に体調維持する時に胃カメラは潜入する事に成功する保証がありません。一生懸命に体を調べるにも限界があります。今は自分の健康に気を使うという事にどんな思いを抱くのでしょうか?最初は会社だったり、市役所主導による健康診断、定期診断を行ってくれます。費用は会社によるものですが、詳しい検査になるとまた自分で費用を負担しなくてはいけません。重大な病だったら?色んな考えが頭に脳裏が浮かびます。しっかりと健康面に気を使う事は必要でしょうか?仕事一筋、健康はこれまで通りぴんぴんしているから大丈夫という保証はありません。

例えば小さな異常はどの部分に起こっているのか?それも把握する事で健康に対処できるようになります。胃カメラなど、胃をはじめとする体に異常を詳しく検査する医療機器も存在します。それで自分の健康状態を把握する役割を負います。一生病気と付き合わなくてはいけません、それでいいのか?小さな病気でも最初から付き合う気はありません。病気を治すためには見つかった時点で治療に専念すべきだと思っています。まだまだ病気の事を知らない、自分で健康と思っても、医学的に危ないと言われたらショックは大きいです。将来を脅かされる前にその前から手を打っておく必要があります。治療可能な範囲で手を打ったらいいに決まっていますが、見えない敵と終わりのない戦いになるかもしれません。胃カメラだったら、自分の体を調べる事は出来ます。健康を知るうえで、自分の目で知るべきいい機会だと捉えています。胃カメラは一番太い部分についています。自分の体に挿入されると、体のある部分にカメラが落ちたらどうしよう、という心配はあります。健康は自分の体には自身で管理する事が欠かせませんから、今はどんなに健康でも将来病気にならない事がありません。年々健康体でも、体の衰えは何らかの形で見えてくる物です。

少しでも遅くする、健康の為に生きるのは使命だと思っています。正直健康に不安を持っていますが、胃カメラは年齢的に何時入れられるかは分かりません。年齢制限が無いだけに、「異常が見当たりました。」で検査をして貰います。そこで癌など腫瘍が見つかる事もあります。その時の心境が無いだけに想像として、ショック、どのように乗り越えようかと考えていきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*