胃カメラで自分の体を見てください。

私は健康に自信を持っていますが、年々不安は増しています。健康不安で欠勤する人も見ています。それは危機感を煽っているような気がします。健康志向は年々増している気がします。胃カメラは何の為にしようか?胃カメラ肺に腫瘍、癌細胞が無いかどうかを調べるために基本的に使われています。その中には、ピロリ菌が見つかりました。こんなことがあったのか?絶句しました。長年自分の体、いに潜伏していた事になります。「なんか胃に違和感があるわ。」と思いました。それが病気の付箋である事も知りました。一歩遅れていたら、どうなっていたのか?そう考えるだけでゾッとしました。命を脅かされていた事に気付いたのです。まだまだやる事があるため、死ぬという覚悟は出来ていません。

まだまだ生きてやる、長生きしてやると心に誓いました。胃カメラは救世主でもありました。ピロリ菌を見逃していたら、ずっと自分の胃に潜伏していた事になります。それを見つける事が出来た、これだけでも成果になります。健康を第一にする気持ちが強くなりました。胃カメラはまだまだ需要がありますし、これからの医療機器という認識は持っています。一生懸命病気と向き合う事も重要です。長生きするために、避けて通れない道のりだと捉えています。健康志向により拍車をかける切っ掛けになった出来事でした。健康第一は人間誰でも思っていますが、実際に何をすればいいのか?まずは生活習慣を改める事から始めるのです。特に食べ過ぎ、変色だったり体系の問題など挙げればキリが無い課題が山ほどあるのです。

胃カメラが一体どういった物か?自分の体の小型のカメラを入れられて自分の体を調べていきます。胃を中心ですが、カメラが付いていますから、そこに可笑しな腫瘍もあります。それを見つけるだけで成果かもしれません、後はそれをどのように治療するかに懸かっています。病気は早期発見が命になります。病気はしたくないのが本音ですし、一生懸命生きるために、今から保険を掛けておいた方がいいです。他人に言われてよりも、自分自身で決めた方がいいです。胃カメラは自分の体に入れられていると、気持ち悪いというのが一般的かもしれません。自分の体が見れる、画期的な事でした。やはり自分も健康志向を掲げる以上は体の状態を知っておきたいという事に繋がります。健康は把握する事から始まります。生活を改めるいいきっかけになりますが、やはり自分で改めるべき部分は見つけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*