プロが教える胃カメラの裏ワザとして絶食時の対応

健康診断で血液検査をするということがあります。そのときいわれるのが食事を抜いておいて下さいということです。といっても数時間前でよいので、昼から行くというときは、昼食は後から食べるようにするということです。これは、食事をすることによって、血液検査の数字に影響が出る場合があるからのようです。もし食事をしたり、飲み物を飲んだという場合は事前に報告をしておきます。そうすれば、異常な数字の原因がわかるということになります。そのほか、いろいろな検査をするというときには、食事をしないようにするということがあります。胃といいますと食事をした後消化をするところになります。ですから、食事をすればそちらに物がたまることになります。検査をするとなると、あまり中に入っていないほうが良いということになります。そこでいわれるのが、前日から食事を取らないようにということです。となるとかなりお腹がすくということがあります。プロが教える胃カメラの裏ワザとしては、お腹がすいた時にお腹に入れるものについてです。固形物に関しては問題がありますが、水分などであれば問題はありません。味噌汁などでも具がなければよいということです。当日は飲まないほうが良いでしょう。

プロが教える胃カメラの裏ワザはリラックスすること

卒業式などで卒業証書を受け取るということがあります。このときは舞台に1人だけで対応することになるので非常に緊張することになります。人によっては、右手と右足が同時に出ている人もいました。よくあることであればそれほど緊張することもないと思いますが、あまりないことになると緊張してしまうことがあります。すぐに終ればよいのですが、時間がかかるとなるとその間に負担がかかることになります。緊張しない方法としては、リラックスするというのが良いということです。普段からリラックスする方法を知っておけばそれを用いることができます。病院において、検査を受けるというとき、誰でも緊張すると思います。このときに、あまり緊張しすぎるとよくないことがあります。本当は痛くないのに、痛みが出るということもあります。そうなると困ることになります。プロが教える胃カメラの裏ワザとして、リラックスすることがあげられていました。平常心の状態でカメラを飲んでいくことができれば、どんどんおなかの中に入っていくということです。カメラ技師の上手下手と言うこともあるようですが、上手く合えば、痛みもなく検査が進められることになります。日ごろからの行動が役に立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*